万年筆のコト、クロスステッチのコト、スクラップブッキング…お気に入りのコトを気ままに書いてます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
謎の万年筆
謎の万年筆
早いもので、もう11月ですね。
急激な寒さに体がついていきません(涙)。
それは歳だからだと、旦那サンに言われました。
うるさいな~!

さてさて、画像の万年筆。
家のダンボール箱を整理していたら、ゴロンと出てきたので洗浄してみました。
鉄ペンのようですが、しっかりmade in Germayの文字が。
なぜに、こんなものが我が家にあったのか謎です。
誰もいきさつを覚えていないので、追跡のしようもありません。

カートリッジ式なので、とりあえず使ってみよう!とモンブランのブラックを挿してみましたが、
かなり渋いフロー…インクを変えるべきか、否か迷うところです。
それ以前にガリガリとした書き心地に、どうしたものかと悩み中。
これ、どこの何ペンなんだろう?
キャップの部分にイニシャルらしきものが入っていますが、
メーカーの名前というよりも個人名なんだろうなぁとか妄想して楽しんでいます(笑)

ペン先がガリガリしているのですが理由なんてわかるはずもなく、
このとんでもなく悪い書き味をどうしたらマシなものに出来るのだろうか…と目下思案中です。

JUGEMテーマ:万年筆
万年筆・インク / comments(0) / trackbacks(0)
赤いインクを探してます。
会社で赤ペンを使う機会が増えてきたと同時に、
万年筆の赤インクが欲しい!という気持ちも上昇してきました。
今は水性ペンでグリグリと書きなぐっています。
それはそれで書いていて楽しいのですが、
ここはやっぱり万年筆も…ということを口実に本数を増やそうと…(ぁ)

赤系のインクで、私が持っているのはモンブランのボルドーくらい。
たまにそれを使っていたりもするのですが、
やはり茶色味が強く余り目立たないんですよね。
手紙とか単体で使えば綺麗な色なんですが、
ココ!注意!とか気を引かせたい為に書くにはパンチが弱すぎる…

もっと赤!赤いぞ!っていうカラーのインクが欲しいのです。
かと言って、先生が使ってるようなフツーの赤じゃなぁ…とか、
チマチマ余計なコトを考えてしまって決め切れずにいます。
いっそのことピンクはどうよ?とか思ってたり(笑)

あ、でも気になってるカラーを発見。
んー、でも普段使いするには高額なのが偶にキズ。

でも綺麗そうなんだよなー…画面で見る限りでは。
いや…インクジプシーにはなりたくないから、
もう少し色々見てからにしよう…うん。

JUGEMテーマ:万年筆
 
万年筆・インク / comments(0) / trackbacks(0)
ペリカン スーベレーンM400 初めての金ペン。
万年筆を使い始めてから、
やっぱり金ペンが欲しいと思うようになり初めて購入したのが
ペリカン スーベレーンのM400ボルドーでした。

無性に赤軸の万年筆が欲しくなったんですよね。
グリーンとかブルーとか、確かに綺麗なんだけれども!
妙に女性らしいカラーに目を惹かれたわけです。
小振りなサイズで、普段使い(結局出来てないけど)に向いているかなと。
持ち歩く勇気が出ず、ペン立てに収納されています(笑)
使わなければ!とは思っているんですけどネー。

育てる気満々でインクは変えない方が良いという意見に従い、
ペリカンのロイヤルブルーを投入。
初めてのインク吸い上げにドキドキしまくりでした。

そして、またも暗過ぎる写真(滝汗)
m400.2

手帳に使いたい!と思いペン先はEFをチョイス!
なのにモレスキンで裏抜け…_| ̄|○ ガクッ
もっぱらお手紙様と化しています。

育てていくぞ!と思っていたハズなのに、
あれやらこれやら増えていくのはなぜでしょう?
あ、あれですか。
父親譲りの収集癖が私にも備わっているということでしょうか。


JUGEMテーマ:万年筆
 
万年筆・インク / comments(2) / trackbacks(0)
ペリカーノジュニアは会社で活躍?
 
Lamyスケルトンとほぼ同時期に購入したペリカーノジュニア のブルー。
中身はペリカンのロイヤルブルー のカートリッジが入ってます。
ブルーのボディーにはブルーのインクでしょ!ということで。

日本で言うところの書き方鉛筆のような感じで、
指を当てるところが平らになっているのがポイントなのでしょうか。
太さも良くて書きやすいし、かなり気に入っています。

写真がかなり暗いですが…(汗)
ペリカーノ2

書いてます!っていう感じがお気に入りの理由。
紙に引っ掛かるくらいなところが好きだったり。
高級万年筆も勿論良いのですが、安価で楽しめるのも魅力的。
最初の一本には良いんじゃないかなーと思います。

赤いボディーも可愛いので、会社で気軽に使うように赤インク様で
もう一本欲しいなぁと思ってたり。
今は普通に水性ペンを使ってマーキングしてますので。

しかしながら、メモとかにカリカリ書いて回しているのですが
誰からも「万年筆?」と突っ込まれないのはどうしてなんでしょうね(笑)
あ、もう触れたくない話題とか?

文房具に興味のない人にとっては、
どんなメモだろうが、どんなペンだろうが関係ねぇ!ってことなのかな?

JUGEMテーマ:万年筆
万年筆・インク / comments(0) / trackbacks(0)
赤い手帳カバーにスケルトン万年筆。
lamyスケルトン 
使い始めてまだ2ヶ月弱だというのに、
既に年季の入った革のように見えるのはなぜでしょう(笑)
赤いブッテーロのカバーの中味はモレスキン18ヶ月ダイヤリーです。
多分に鞄の中に無造作に放り込んでるから、こんな状況になってしまったのでしょう。
でも、これも味よ、味!と自分で自分を納得させています。
あ、いえ、本当に愛着湧いてますから!

しばらく何のペンを使おうかと思い悩んでいましたが、
コンバンターの赤がカバーとぴったりと思いLAMYサファリのスケルトンに決定。
インクはWATERMAN ブルーブラックを入れてます。
びっくりするくらいグリーンに変色していくのを見るのが楽しいです(笑)
気になるほどの裏抜けもないし、暫くはこれでいく予定です♪

LAMYは適度なショリショリ感が好きで、なんだかんだで出番の多い1本です。
もう1本欲しいところではありますが、他にも気になるコがいるので我慢我慢。
LAMYはお値打ちなのに書き味も良くて、優秀なコだなぁとつくづく思います。
これで勉強すると良い感じ!
でも入っているインクがどんどん緑に変色していくので、
ノートを見直した時に見辛い状況になってしまうのが難点。
手帳だと気にならないのに、どうしてなんでしょうね?

目下、勉強用の万年筆を模索中。
今あるコ達を使えば良いのでは?という良心の声には耳を塞いでます(笑)

JUGEMテーマ:万年筆
万年筆・インク / comments(0) / trackbacks(0)
My first 万年筆。
私が初めて万年筆を使ったのは、中学1年生の時。
小学2年生から習っていた書道教室で、
先生に「万年筆で書くのも良いよ」と勧められたことがきっかけでした。

毛筆と硬筆と2種類習っていたのですが、
小学生の間は「鉛筆」を使って字を学んでいました。
中学生からは「ペン習字」に変わり、
ボールペン、または万年筆を使って練習することになりました。

私が迷うことなく選んだのは、万年筆。

中学生になった私にとっては、
とてもとても魅力的で大人な香のする筆記具だったのです。
お手本を作成している団体がオリジナルで作成していた、
スケルトンボディの書き方用万年筆。
コリコリとした書き味は、今でも思い出すことが出来るくらに印象深いものでした。

扱いを知らない私は、結局2本の万年筆をダメにしてしまい、
「書き味は大好きだけど、扱い辛い文房具」
という万年筆に対してほろ苦い感想を抱いていました。

高校3年生で親元を離れるのをきっかけに、
書道教室を辞めてしまってからンン年。

再び万年筆を使いだした私が選んだのは、
ラミーLAMY サファリのスケルトン
最初に出会った万年筆は忘れられないものなのですね。



JUGEMテーマ:万年筆
 
万年筆・インク / comments(0) / trackbacks(0)